寒い時期は免疫力が下がる?


冬の時期はどうしても

寒くてたくさん動けないのもあり

心拍数が上がる事はほとんどありません。

そんなときにお勧めなのが

ただの有酸素運動ではなく

筋トレの中に有酸素要素を取り入れることが最適

そうすると全身筋持久力を高めることができます

今回はそのお勧めの方法をお伝えします

最近ではApple Watchなどにも

搭載されている心拍計

これを今では普通に使っている方が多くいらっしゃると思います

個人差はありますがまずは自分の最大心拍数を知りましょう!

通常の計算は220 −年齢になります

ここで出た数字の70%レベルの心拍数を計算しておいて

その心拍数を守るように心拍計で確認しながらトレーニングを進めていきます

これを確認しながらトレーニングしていると

無理をすることも逆にペースを落としすぎて

無駄なトレーニングをする心配もありません

長い時間トレーニングしなくても

短時間で効果が上がります!

運動強度が上がるほど筋肉はより多くの血液を求めるため

心臓の1分間あたりの拍動数=心拍数が増えます

心拍数は運動強度に比例するので心拍数から逆に運動強度を知ることもできます

こんな新型コロナウィルスの世の中になってしまった今では

外でランニングをされる方も増えていると思うので

ぜひ参考にされてください

とにかく王道である筋力トレーニングを行い

テストステロンを分泌させましょう!

テストステロンを分泌させると

動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防にもつながりますし

骨や筋肉の強度の維持にもつながります

そして何より日常でだるい方などはやる気や闘争心の向上にも繋がりますよ!