さあ今回は、プッシュアップバーによる可動域を意識した腕立て伏せの方法を解説します。鍛える筋肉­は大胸筋。
プッシュアップバーを使うことで、体を落とした時に肩関節の可動域に広がりが生まれま­す。その結果、プッシュアップバーを使わない場合に比べ、大胸筋が伸び(ストレッチさ­れ)、筋肉を十分に刺激することができます。


◆筋トレTV公式サイト : http://www.kintore.tv/