福岡のパーソナルトレーニングジム AkiLounge 代表の江本曉です。

今回はBCAAについてお話しさせていただきます。

BCAAはアミノ酸の一部でバリン、ロイシン、イソロイシン、の三種類からなってます。

その体のタンパク質を構成するアミノ酸の中でも

体内で合成できないものが必須アミノ酸になります。

とにかく摂取して補う事しかできないのです。
食材によってアミノ酸スコアがバラバラなのですが

お肉、お魚類、卵、牛製品、豆は良質なタンパク質になります。

 

トレーニング中は筋肉中のグリコーゲン(糖質)と脂肪(脂肪酸)と筋肉(タンパク質)

の分解が始まってます。

できるだけこの筋肉の分解を止めむしろ合成に切り替えたいですよね!

その時にBCAAの摂取をオススメいたします。

30分で吸収されるのでトレーニングの30分前、それからトレーニング中も30分おきに摂取

がオススメです。

 

 

※デメリット

BCAAを摂取することによりトリプトファンというアミノ酸の吸収を阻害します、

そのことによりセロトニンという脳内から出るホルモン(安心したり落ち着くホルモン物質)が

出なくなり、疲れを感じやすくなったり、寝つきが悪くなったり、睡眠障害になったりして

結果身体が休まらず筋肉の回復が遅れ悪いルーティーンになるので、

トレーニング以外で夜寝る前などの摂取はオススメできません。